心理療法士が伝えたい『感情=波動』の取り扱い方

2016年6月8日水曜日

ダメな自分

自己肯定感の低い人は、「自分はダメだ」と思っていることが多い!




小さなころからダメ出しばかりする親。

「お前のために言ってるんだから」と言うけれど・・・。

小さい頃から、人と比較されて、「ダメだ」と言われて育った。

何かする度に、「それではダメだ」と言われてきた。

そのように、批判的な人が近くにいた、という場合は多いと思います。


あるいは、

生育環境にあまり問題がなくても、大きく自信を失うような体験があった人もいるでしょう。

それまでは、何となく自己肯定できていたのが、ある一件を機に、「自分はダメだ」と思うようになった、というようなものです。



大好きな彼にふられてしまってから、何もやる気が出ない。

私みたいなダメ女、誰も好きになってくれない。




 

知っておいていただきたいこと


今どれほど、「自分はダメだ」と思っているとしても、それは、「自分はそれほどダメだ」ということを意味するのではなく、「そう思うに至った事情がある」という意味なのだということです。

人から批判されることも、自信を失うような衝撃的な体験をすることも、人間にとっては傷つくことです。

本来は、「傷ついてかわいそうに」と言うべきところを、「自分はダメだ」と思いながら生きてきたというのは、本当に大変なことだったでしょうね。

そんな自分を、「よく頑張ってきた」と認めてあげると同時に、今からでも、「傷ついて大変だったね」といたわってあげてほしい。



過去を変えることはできませんし、そこで傷付いたという事実を消すことはできません。

だからこそ、

それを否定して、「自分はダメだ」と思うのではなく、「傷ついて大変だったね」と言ってあげるところからスタートするのです!!



それこそが、

「ありのまま」を受け入れる、ということになるんだよ♡

0 件のコメント:

コメントを投稿

企業専門心理療法士 加藤絢子

心理学とスピリチュアル

「潜在意識(無意識)」は、 20世紀最大の発見の一つと 言われています。 心理学の歴史において、 最初に人の意識に 無意識(潜在意識)の領域があると 発見したのは、 20世紀に活躍した心理学者 ジークムント・フロイトです。 ...