スポンサーリンク

2016年11月16日水曜日

救えた命があったかもしれない

私は、心理療法士という立場で、実現させたい夢があります。
  
日本の自殺者は減少傾向にありますが、
それでも1日に約65人もの方が自らの命を絶っています。

 
心理カウンセリング・心理療法は、
保険が適用されないため高額です。

心理カウンセリングがもっと安かったら・・・
メンタルのセルフケアを広く伝えていれば・・・

救えた命もあったかもしれません。

公認心理師国家資格が、2017年度に誕生します。
そうなると、心理カウンセリング・心理療法は、
保険が適用されるようになるかもしれません。

  
それでも、もっと身近な心のケアとして

メンタルヘルスに関わる心理療法士、福祉関係者のネットワークを構築・発展させていきたい。
  



私には、長年患っている持病があります。
私には、2歳の娘がいます。


そんな私に原動力を与えてくださったのは渡辺雅典さん❣




そして、

持病があっても、育児中であっても夢は実現できると
希望を与えてくださった高嶋 美里さん❣


高嶋 美里さんをご存知の方は多いかもしれませんね。
テレビ出演や本もたくさん出していらっしゃいますからね。



高嶋 美里さんには、双子のお子様がいらっしゃいます。

双子の一人は難病指定された先天性の心臓疾患で、
4時間おきと6時間おきの薬や通院、入院、手術などがありました。


フリーWEBデザイナーとして自宅で、
月収200万円を稼ぎ出すくらい成功していたにも関わらず、
とうてい仕事が出来る状態ではなくなったそうです。

せっかく獲得した仕事を、断腸の思いで
断らなければならなかったのです。


それから2年、何を考える余裕もなく、
育児に追われる毎日が続き・・・

 双子が2歳の時、そろそろWEBデザイナーの仕事に
復帰しようと思ったら、なんと仕事は全部なくなっていました。




一度も就職したことがないノンキャリアの主婦が、
双子を抱えながら出直すのは容易ではありませんでした。


自宅でフリーのWEBデザイナーをして最高時には、
月収200万円の収入を得ていたにも関わらず、
双子出産から2年で新規のWEBサイトを請け負うことは
出来なくなり、月収は1/10以下の15~20万円まで減り・・・


それさえも維持が難しく感じられ、焦りや憤り、
落胆と疲れで心も身体もボロボロ。


実際、乳幼児を育児中の主婦に、
仕事はほとんどありません。


ところが、高嶋 美里さんは・・

自宅に居ながら、双子を育てながら、
病院通いしながら、子供の手術費(億単位)を稼いだのです。


高嶋 美里さんが得意とするのは、「オンラインシステム」の活用です。

私は、この「オンラインシステム」を活用して、
メンタルヘルスに関わる心理療法士、福祉関係者の
ネットワークを構築・発展させていきたい!!




高嶋美里(蝶乃舞)さんが
現在手掛けている活動のご紹介⇩

毎月無料で旅行しながら不労所得を手に入れる方法

※上記の紹介者名は、「加藤亜也子」と書いていただいても
構いません。(無料でセミナー参加できます



0 件のコメント:

コメントを投稿