2016年8月5日金曜日

どうしようもない人とつながる

平和な気持ち!




例えば、

「この人、どうしようもない人だな」というふうに自分が評価を下しているとします。

「この人、性格も悪いし何か変な人!」と思ったとして、「だからこの人との関係は適当でいいんだ」「ちょっと意地悪してもいんだ」というふうに扱ったときって、心は決して平和にならないと思います。

心が平和にならない感じ、分かっていただけますか?

波風が立たないくらいにはできますよね。

見ないふりをして何とか生き延びていくことはできるけれども、本当につながる平和な気持ちのようなものは、そういうときには感じられないですよね。




 だからといって、

相手のために、相手を変えてあげなくてはならないわけではありません。

相手を変えるのではなく、自分の心の持ち方だけに責任を持っていけばいいので、今こういう行動しかできない相手との自分なりのつながり方ということなんです。

どういうことかというと・・・

「今はこんな不器用にしか振る舞えなくて、助けを求めているんだな」と思って、「しばらく大変そうだな」という目を持ってあげるだけでも、自分なりのつながり方なんです。



自分の持っている人生の時間って限られていて、「この人、いいや」「この人とは適当に」みたいなことをやって時間を使っていくのか、それともどんな出会いでも、その中で自分ができるだけのつながりを持って相手の本質を感じながらやっていくのかで、多分、自分が持てる「心の平和な時間」の長さもずいぶん変わってくるだろうと思うんですよ。


今回のブログで書かせていただいた「つながり」ですが・・・

「何だ?」、「何だろう?」のままでも大丈夫!!

暮らしていく中で、何かのときにストンと落ちるときがあるかもしれませんから♡

0 件のコメント:

コメントを投稿

仕事は罰として与えられた

今日は、 「仕事の苦しみが喜びに変わる方法」 についてお話しをしますね *。ヾ(。>v<。)ノ゙*。 ~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~ 「自分を満足させることを 目的に仕事をしてはいけない」・・・ そんなこと言った...