2016年8月18日木曜日

生活に悪影響を与える

人とうまく関われない




社交不安障害によって、社会的・職業的にいろいろな支障をきたすことは多い。

例えば、

・経済的に自立できない
・結婚率が低い
・友人が少ない    など。


また、生活の質は全般に低く、自殺したいと思う人もいますし、不安反応を身体の不調ではないかと考えて医療機関を頻繁に受診したりする人もいるそうです。

受診に伴う人との関わりが怖くて、身体の不調に怯えながらも受診できないという人もいます。

社会的ひきこもりになる人もいますし、そうでなくても対人関係はほとんどないという人も多いのです。




人によっては、それほど顕著な障害を持っているように見えない人もいます。

でも、定職についているとしても、就職面接に強い恐怖を持っているために本来の能力よりもずっと低い仕事に甘んじている場合もあります。

もちろん、能力を発揮できない仕事に就くこと自体には何の問題もないのですが、それを自らの価値観に基づく選択としてやっているのか、本来望まないことなのに他の選択肢がないために否応なくやっているのか、というところには大きな違いがあります。





あるいは、普通の人だったら転職を考えるようなひどい職場にいるのに、転職に必然的にともなう人とのやりとりへの不安があまりにも強いため、転職をせずにとどまっているということもあります。

これは、恋愛関係や結婚生活についても同じで、本当は相手に不満を持っているのだけれども、他の人と新しい関係を始めるということがあまりにも怖いために、その関係にとどまり続けている人もいます。

こういう人は、一見すると社交不安障害には見えないでしょうが、「なぜこんなに有能な人がこの仕事をしているのだろう?」、「なぜこんなにひどいパートナーと一緒にいるのだろう?」と考えていくと、そこには社交不安障害がある、というケースもあるのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

千年に一度の「暗号通貨バブル」って?

こんにちは💛 心理療法士の加藤絢子です! お知らせ 千年に一度と言われる「 暗号通貨(仮想通貨)バブル 」   知らない人が多い! だから、多くの人に知っておいてほしい!   雑誌名、 『 次世代の全...