2016年6月30日木曜日

自分を卑下する人

自分を劣ったものとして卑しめてない?

 そんなあなたのためのセルフトーク



私たちは、何かで失敗して自信がなくなった時、2種類の自信喪失のストレス状態に陥る。


1つは、「自信を無くして自分を卑下する」ことによって、不安になったり落ち込むというストレス。

そんなとき、私たちはこんな独り言を無意識のうちにつぶやいているでしょう。

「どうせ私なんて」

自分に何かできるという自信がないので、何でも失敗することしか想像できない評価の歪みがあるのです。

当然、傷つくのも怖くなり、できるだけ自分が傷つく可能性のあることには手を出さなくなります。

自分の「すでに持っている素晴らしい資質」よりも、「持っていないもの」にばかり目を向けてしまって、「自分はダメだ」と思い続けてしまうのです。





そんな自分を変えるためには、次のようなセルフトークが有効!!

「失敗は誰でもすること。どんな立派な偉人もする。言い換えれば、偉人であればあるほど、失敗を多くするのだ!」

「そもそも失敗や挫折や傷付きは、何か挑戦をしたときには、必ず訪れるものだ!私は、挑戦したのだ!」

「失敗は全くもって悪いことではない。むしろ、失敗を恐れて、失敗すらできないことのほうが厄介なのだ!」





そもそもあなたは、どんな価値観を基準にして、自信を無くしているのでしょうか?

世界には様々な価値観が存在します。

あなたの周囲の中だけで作られている価値観の基準で自信をなくしているだけなのではないでしょうか?

凝り固まった価値観で自分を見るのはやめてみませんか?


他人と比べることも無駄なことです!

他人にあって、自分にはないものに目を向けて自信をなくすことは無意味です。

自分にあるものに目を向けてみませんか?

もし、失敗や劣等感を究極に感じた時には・・・
「価値観は様々。1つの価値観だけで自分を判断するな」
「他人と絶対に比べるな。無意味だ」

と、言ってみてましょう!!!

建設的で俯瞰的なセルフトークで新しい自分を作っていきましょうね❢

0 件のコメント:

コメントを投稿

仕事は罰として与えられた

今日は、 「仕事の苦しみが喜びに変わる方法」 についてお話しをしますね *。ヾ(。>v<。)ノ゙*。 ~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~ 「自分を満足させることを 目的に仕事をしてはいけない」・・・ そんなこと言った...