2016年6月27日月曜日

評価のゆがみ

ストレスの根源は「評価」の歪み




-。-。-。-。-。
 例えば
-。-。-。-。-。

急に上司から雑務を振られたとき

「嫌だな」と思いながら仕事をする人
「会社での仕事はそういうものだわ」と思って淡々と仕事をする人

このように人によって考え方は、様々。
考え方によって、仕事の能率も自分にかかるストレスも全く違うものになる。

つまり、この「評価」の段階でいかなる刺激をも、どう認識するかによって、ストレスになるか、全く苦にならないものになるかが決まる。


 
 
 
認知行動療法では、「認知の歪み」という言葉がしばしば使われる。
 
「認知の歪み」があると、思考が「非論理的・非合理的・非建設的」になる。
 
それにより、どんな些細な刺激ですらも大きい刺激ととらえてしまい、結果大きなストレスとさせてしまう。
 
 
例えば、
ただ1つの仕事で失敗しただけにもかかわらず、「自分はもう終わりだ」と思ってしまう場合。
 
これは、合理的ではない。
 
人生において仕事の失敗はもちろん大きい失敗であれば、大きな打撃でもあるし、非常に痛いことですが、それ自体が自分の全てを終わりにするわけではない。
 
もう一度言いますね!!
 
「失敗自体が、自分を終わりにするのではない」
 
しかし、評価が歪んでいると本当に人生が終わってしまったかのようなショックを受けることがあるのだ。
 
この歪みの状態と言うのは、個人個人違う。
 
だから他人からすれば、
「そんなことで落ち込まなくても」
「そんなことでうつにならなくても」
 
なんてことを平気で言ってしまうのだ。
 
他人からは、その人の歪みがどの程度のひどさか分からないから起きる、思考の差異である。
 
これらを、「認知の歪み」という。
 
このような歪みが大きくなり過ぎると、何もかも否定的に考えてしまうことになりかねない。
 
だからこそ、この歪みを無くしていくことが大事なのだ。
 
この歪みを無くすことができれば、刺激にも振り回されることもなく、自分の実力を思う存分発揮することができる。
 


0 件のコメント:

コメントを投稿

五月病は波動数を高めて乗り切って❣❣人生だって変わる✨

今週末からゴールデンウィークスタートですね 💛 長いお休みの方だと9連休になるのかな。 今日は、 ゴールデンウイーク明けに一時的に増加する 『 五月病 』についてお話ししますね。 そして、 『 五月病 』対策として〝波動数...