2016年6月2日木曜日

気分屋の上司

気分屋で話しかけるタイミングが悪いと怒る上司




こんな経験をしてきたリーダーは、自分は部下にそんな思いをさせたくないと思うことがある。


だから、
「どんな時も部下に話しかけられたら丁寧に対応するようにしています」

でも、
「日々仕事に追われる中、ほんの些細なことで質問されると、『そんなの自分で考えて』と、文句の1つも言いたくなることがあるんです」

と、こうなることも多い。




では、上記を例に考えてみましょう!

「今は話しかけて良い時かどうか」というのは、自分にしか分からない、「自分の領域」の話ですよね。

ですからまず、「自分の領域」に責任を持つこと!!

「自分の領域」に責任を持つというのは、自分にできること・できないことを相手に伝えることです。


では、
気分屋で話しかけるタイミングが悪いと怒りだす元上司は、適切な対応をとっていたのか?

違います!!!

まずは、話しかけるタイミングを部下に読ませようとしている時点で、「自分の領域」に責任をとっているとは言えません。


いつ話しかけてよいかを示す一つの工夫

そのとき自分がどれほど受け入れ可能かということを、5段階くらいに分けて、「どれほど余裕がないか」を示す札をデスクに立てるなども一つの手でしょう。

例えば、

「締め切りまであと1時間!」などと紙に書いて、デスクの目につく所に立てておくのです。

こうしておけば、よほどの緊急事態しか持ち込まれないですむと思います。

あるいは、「今、いいですか?」と聴くところまでは、共通のフォーマットとし、「1時間後にまた聴いて」 「今、答えてもいいけど、かなり雑な判断になるよ」などとコミュニケーションすればよいのです。




相手のニーズに、ただただ振り回される必要はありません。

「領域」の意識をもつことが、自分も部下も守ってくれます。


0 件のコメント:

コメントを投稿

EXCカード事業の事業主3万人限定募集❣ 永久的に権利収入がもらえるチャンス❣

経済情報にアンテナを張っている方は、 もうご存知かもしれませんが、 ビットコインの価値が 20 万~ 30 万 を行き来しています。 2017 年 4 月 7 日には、 「ビックカメラ」がビットコイン決済 を始めました。 私が経営する会社も ...