2016年5月13日金曜日

夫婦破綻するまで

手抜き!!



 
 
 

何かトラブルがあると距離のある人との関係は、壊れやすい。
しかし、パートナーとの関係はそんなに簡単に壊れやしない。

子供がいる場合には、実際に別れることは容易ではない。
子供がいなくても、対外的なことや生活の大きな変化を考えるとやはり別れることは容易ではない。

「まぁ、今のままでも仕方がない」という結論に達してしまいがち。

ん、、じゃ、夫婦関係は簡単には壊れないの?
安心なの?




「今のままで仕方がない」・・・
普段の生活は、そんな上に成り立っている人も多いでしょうが、どうしても看過できないような問題が起こると、こうした関係性の積み重ねも手伝って不和が顕在化してくる。



現在起こっている問題にプラスして、
「妻はいつも責めてばかり」
「夫は私のことを全く気遣ってくれない」

という長年の積み重ねが問題とされてくるのだ!

震災と離婚

自分の命もいつ終わるかわからないということを強烈に意識すると人生を真剣に考え直す、という現象が起こる。

震災などをきっかけに離婚を決める人が少なくない。

危機の時にこそ相手の「本性」が見える、というケースである場合もある。




それまでは、相手への不満を感じながらも見て見ぬふりをして過ごしてきたけれども、危機の時にも家族を顧みなかった、などという相手の様子を見て、それまで認めたくなかったことを認めざるを得なくなるのだ。

つまり、
日頃、何となく関係が続いているからと言って、それが必ずしも安定している証拠というわけではなく、案外微妙なバランスの上に成り立っている。

突然の熟年離婚なども、そのバランスが崩れるときなのだと思う。



 
 

まとめ

夫婦関係は、本来はかなり意識してズレを埋めていく努力が必要な関係性であるにも関わらず、その見かけ上の親しさ故にもっとも手を抜かれてしまう、という構造が多くの夫婦かんk衛の問題の根底にあるように思います。
 
 
その関係性が心の健康に重大な影響を与えることを考えると、意識と知識をもって取り組んでいく必要があると言えるでしょう!
 
 


0 件のコメント:

コメントを投稿

今日は新月🌑だからアファメーション

新月の日に 新月のパワーを最大限に活用して、 お願い事をすると叶いやすいと言われています。 新月になる瞬間は、正確に発表されており 本日、「 2017 年 4 月 26 日 21 : 17 」です❣ もっとも効果が高い時間帯は、 ...