2016年4月25日月曜日

LINEの返事にイライラ

既読になっているのに彼から返事がない

イライラ、イライラ~


こんなときどうする?

頭の中で自動翻訳しましょう!!

「既読になっているのになんで返事してこないのよ!!」
                ⇩
「返事がこないと、とても不安になるの。ひと言でいいから返事くれる?」
と連絡すれば、彼は「心配かけて悪かったね」と、返事をくれるかもしれません。

POINT①
怒りの原因である「困る」を、恋愛関係に相応しい「とても不安になるの」という言い方にすること!!

勘違いしないでくださいね。
これは、媚でもなんでもありません。

恋愛関係において、私たちが相手に求めるのは、「LINEの返事は、既読したらすぐ返すのがマナー」といった〝礼節〟ではありませんよね。

大切なのは、「相手の気持ちはちゃんと私にあるか」を確認できるかどうか。

ですから、「なんで返事しないのよ!」よりも「とても不安になるの」の方が、本当の気持ちにグッと近いのです。


POINT②
「怒り」は、いろいろなものが化けた結果であることが多い。

今回のケースでは、「不安」が「怒り」に化けています。
「もしかして、私のことなんてどうでもいいの?」という「不安」な気持ちが「怒り」に化けているのです。

化けた姿である「怒り」をぶつけられたらどうなるでしょう。

相手は、「責められた」と感じ・・・

「なぜそこまでしなきゃならないんだ」と不快になるだけ。

なぜ感情は化ける?

「不安」が「怒り」に化けるのは、なぜでしょう?

それは、「勇気」の問題です!!!!!

「とても不安になるの」というのは、ちょっとした勇気を必要とする言い方。

自分の内心をさらけ出すことになるからね。

それよりは、「あなたは、どうしてこんなこともできないの?」と相手を責めた方がずっと楽ですよね。

彼のこと大切なんですよね?
好きなんですよね?

ほんのちょっとの勇気を出して、本心を伝えた方が、「怒り」の活用法としてはずっと適切なんですよ。

 

もう一言

なお、勇気を出して本心を伝えて、それでも返事をよこさない相手だったら、別の人に乗り換える選択肢も検討しても良いかもしれませんね!






0 件のコメント:

コメントを投稿

仕事は罰として与えられた

今日は、 「仕事の苦しみが喜びに変わる方法」 についてお話しをしますね *。ヾ(。>v<。)ノ゙*。 ~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~ 「自分を満足させることを 目的に仕事をしてはいけない」・・・ そんなこと言った...