2016年4月25日月曜日

私は怒ってる

怒りの感情


怒りが込み上がる

これは「何かが上手くいっていない」ということを知らせるサイン






どういうことでしょうか?

たとえば、
親切にしてあげたらお礼が返ってきて当然なのに、現実は、相手に素知らぬ顔をされた。

腹が立つ・・

これは、
「本来あるべき状態との不愉快なずれがあるサイン」

不愉快なずれがある人はどうなるのか?
最もシンプルに言えば、「困る」状態になりますよね。

ですから、
「怒っている」ということは、「困っている」ということ。


これは、過去を振り返ればわかります!
自分が感情的に怒っているときに、困っていなかった場合などなかったはず。

「こうなるはずだったのに」「邪魔が入った」など、想定外の状態になり困った、ことによる「怒り(予定狂いの怒り)」だったことが多いのではないでしょうか?


怒りは、「ムカつく」「腹が立つ」など、相手に対する感情を表すものだと思っていませんか?

実は、「自分が困っていることを示す感情」なのです。

怒っている時の自分に注目!!
「困っている」はずです。

被害を受けない時の怒り

順番待ちしている列に割り込んだ人を見て「ムカつくわ!」という場合。

割り込みをする人を見ただけで、本人は被害を受けたわけでもないし、実際に困っているわけでもない、と思うかもしれませんね。

しかし、
怒りを感じた本人が、「マナーを守るのは当然だ」と思っているのならば、その「当然」をかき乱す人がいるとやはり困ってしまう。

だから、
「本人も困っている」ということなのです。

対処

2つの選択肢がある。
①上手くいっていないことをうまくいくようにする
②「上手くいくはずだ」という自分側の期待を変える


怒りの迷信

「相手を変える一番の方法は怒ることだ」
これは、多くの人が信じている迷信かもしれませんね。

たとえば、
親は子供を叱ることによって子供の言動を変えていこうとする。

とりあえず、その場で相手に言動を変えてもらうためには、怒りによる「恐怖」を与えるのが一番だと知っているからだ。

 
 
 
しかし、長い目で見たらどうなの?
恐怖の中で育った子は、人の顔色をうかがってばかりいる、自己肯定感の低い人になりがちです。
 
大人の場合、「恐怖」によって我慢させられた人は、相手への恨みを募らせていき、いつか反撃してくるかもしれません。
 
人が変わるのは、心から納得したときだけ。
納得できるような心の状態になっているときだけ。
 
「怒れば変わる」などということはありません。
 

怒りが強すぎる方へ

激しい怒りを感じた場合、まずは思考できる程度に感情を鎮める必要がある。
 
外に出る
走る
早歩きする
踊る
大声で歌う
深呼吸する など。
 
身体を使って怒りをコントロールするのです。
 
「許せん!!!!!」
 
とばかり考えていると、文字通り、「頭に血が上がる」状態。
それを、身体全部を使うことによって、少しバランスをとる、というイメージです❣❣
 
あるいは、
いったん「怒り」から離れてみることも有効。
「これを見れば気分転換になる」とわかっているお気に入りのDVDを
少し観る、などもよいでしょう。
 
 
 
 
 
 


ファンケル 大人のカロリミット限定ケースセット

0 件のコメント:

コメントを投稿

仕事は罰として与えられた

今日は、 「仕事の苦しみが喜びに変わる方法」 についてお話しをしますね *。ヾ(。>v<。)ノ゙*。 ~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~ 「自分を満足させることを 目的に仕事をしてはいけない」・・・ そんなこと言った...